2017/04/18

ホワイティシモの日焼け止めを炎天下の運動会で使ってみた。

 

先日、子供の運動会がありまして、かなりの好天に恵まれた運動会でした!

 

雲が一つもないほど晴れ渡った空の元の小学校のグラウンド。

 

すがすがしい5月の青空。

それはもう、日焼けし放題の環境ですよ!!

 

日焼けなんてイヤ!やめて!

 

ホワイティシモの日焼け止めを顔に塗る!

 

運動会前の事前の天気予報で、すでにその日が太陽サンサンの紫外線マックスデーになることが忠告されていたので、これは日焼け止めをたっぷり塗りたくっていこうと心に決めて、当日の朝はお弁当作りもそこそこに日焼け止めを丹念に塗りこみました!

 

今回塗ってみたのは、先日購入したばかりの

ポーラ ホワイティシモUVブロック シールドホワイト

です。

ホワイティシモ byPOLA

これまで炎天下で外に一日中いるときには1,000円位の日焼け止めを毎回使っていて、SPF50なんですが、きちんと隅々まで日焼け止めを塗っているのにもかかわらず、夜メイクを落としてみると頬から鼻にかけてじわーっと赤くなって日焼けをしていました。

 

やっぱり値段相応なのかなあ、と考えて今回は値段がちょっとはりますが、ポーラのホワイティシモの日焼け止めにしてみました。

 

口コミが凄く良かったので購入してみたんですが、実際に肌につけてみると、口コミの良さの理由が良くわかります。

 

肌の上に乗せると、最初は白かった液体が自然に肌になじんで透明になっていきます

 

軽くなじませるだけで白さが全くなくなって、肌に艶が出るような感じに変わりました。

 

香りはハーブ系のスッキリした香りで好みです。

 

虫が寄って来にくい香りだそうですよ!

 

外で一日中過ごす日には、けっこううれしいポイントです。

 

キシキシ感もないですし、かといってベタベタもせず、肌がすべすべになります。

汗ばみやすい夏に嬉しい使用感です。

 

あと、顔に日焼け止めを塗った後に、日焼け止めの付いた手を洗い流すときに感じたのが、しっかりとしたウォータープルーフ感でした。

 

付いている場所に水があたると、まるでビニールコートしたかのようにパンっと水をはじき返すので、かなりの威力の高いウォータープルーフだなと感じました。

 

強いウォータープルーフなのに普通の石鹸で洗うと落ちるので安心です。

 

ホワイティシモの日焼け止めを塗って運動会へ

 

さて、運動会。

顔にはしっかりとホワイティシモの日焼け止め

 

ただ、首やデコルテ、うなじにはこれまで使用していた日焼け止めを塗ってみました。

まだまだ残っているのでもったいないから…w

 

朝からジリジリと太陽が照りつけて、ほんとうに暑い日でした。

5月なのに、体感の気温は30度はあったんじゃないかな。

 

風もほとんど吹かなかったので、暑さがそのまま伝わります。

大きなオーブンで焼かれているような感じでした。

 

色々忙しいし、トイレも混んでいるので、塗り直しも出来ない状況。

 

UVカットのパーカーと帽子でガードはしているものの、やっぱり日焼けが気になります。

半袖で過ごしていた家族は、出ていた腕がだんだん真っ赤に染まってきていました!

 

ホワイティシモの日焼け止めで焼けずにすんだのか?!

 

やっと終わって帰宅。

メイクの上からの見た目では、全然日焼けはしていない感じ。

 

旦那や息子たちは顔も腕も真っ赤っ赤!!

夜になってメイクを落としてみると…

 

おおっ!!

大丈夫!

全然赤くなってない!

 

やったー!日焼けせずに済んだ。

 

良かったです。顔は無事に日焼けせずに済みました。

 

うっすらとも赤くなっていませんでした。

 

これまでの日焼け止めでは、同じ環境で使ったときには顔の高いところは完全に日焼けしてしまっていました。

 

炎天下で完全防御できたホワイティシモの日焼け止め。

すごいです。

 

塗り直しもしていないです。なのに効果抜群だったので効果の違いに驚き。

 

ちなみに、今までの日焼け止めを塗っていったデコルテは、うっすらと赤くなってしまいました。

 

もし、こっちの日焼け止めを顔にも塗っていたなら、絶対に焼けていました。

 

炎天下に一日いる環境で、完全に顔の日焼けを免れたのはこれが初めて。

 

なんでもっと早く良い日焼け止めを買わなかったのか。

 

日焼け止めなんてSPF50ならどれも一緒でしょ!なんて思っていました。

実際は違いますね。

 

ものによって、同じSPF値でも違いがあることがわかりました。

 

絶対に焼けたくないなら、ちょっとお値段が高くても良いものを使うべきですよ。

後悔はしないですから。

 

 

↓うっかり日焼けをしてしまった時に読んで欲しい記事はこちら

うっかり日焼けの対処法って?勝負の3日間のお手入れでシミにさせないワザとは?

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -