2017/01/19

アルガンオイルのシュガースクラブが凄い!乾燥小ジワを一発でパーンとさせる技!

 

冬の乾燥した空気…。

肌の乾燥も気になりますよね。

 

放っておくと口の周りなどの皮膚の柔らかい部分がゴワゴワに。

皮むけしてファンデーションも乗らなくなります。

小じわの原因になるので、そうならないうちに対処したい!

 

こんなお肌の大敵の乾燥シーズンに是非試して欲しい保湿テクニックがあるんですよ!

 

それはお風呂で使うシュガースクラブです!

自分で作ります。

売ってるのは高いし、簡単に作れるし、好きなオイルを使えるからね。

 

アルガンオイルでシュガースクラブを作ると保湿力がさらにアップ!

 

シュガースクラブは有名な美容家さんも紹介しているので、知っている方は多いかも。

 

スクラブというと、角質を落としたり、ニキビケアを連想するかもしれませんが、シュガースクラブは『保湿』するためのスクラブです。

 

ゴシゴシこするのではなくて、優しく肌に乗せて馴染ませます。

 

シュガースクラブは砂糖とオイルを混ぜて作るんですが、私の場合にはアルガンオイルという保湿力が凄いオイルを使ってます。

 

砂糖の保湿力にプラスして、アルガンオイルの保湿力・保水力が加わるので最強のシュガースクラブになるのです。

 

「ヤッバイわ~。顔が砂漠のよう…。」

っていう悲しい時にやってみて下さい。

 

シュガースクラブを作るには?アルガンオイル推奨です

 

  用意するもの

  • 純度100%アルガンオイル(他の美容オイルでも大丈夫です!)
  • 砂糖(お料理で使う上白糖)
  • フタができる容器(浅めのもの。私は小さいタッパーを使ってますw ←色気なし)

  作り方

  1. 同じくらいの量の砂糖とオイルを混ぜるだけ!

 

オイルを使うんですが、私の場合はアルガンオイルという植物オイルを使います。

でも、美容オイルのたぐいであれば何でもOKですよ。

 

だたし、食用の油は止めてくださいねw

食用は不純物を取り除いていないため肌にアレルギーを起こすこともあります。

 

今使ってるのはコレ。コディナのアルガンオイルです。

コディナアルガンオイル
フランスのオーガニック100%コスメブランド コディナ【アルガンオイル】

アルガンオイルのシュガースクラブを作っていきます

 

お砂糖を小さい容器に入れます。

台所にある白い砂糖を使います!

塩じゃないですよ、砂糖です!!

量はけっこう適当…w

砂糖

 

アルガンオイル登場!

 

アルガンオイル

 

スプーンで砂糖と同じくらいの量のオイルを加えます。

アルガンオイルとスプーン

 

あとは混ぜます。

砂糖全体にオイルが絡まるように混ぜていきます。

混ぜる

 

これで完成!!ざらざらのジェラートみたいな感じ。

シュガースクラブ

色気とシャレっ気のある人は、これに食紅を混ぜて、かわいいピンクのシュガースクラブにしているみたいです。

私は無添加の方が嬉しいし、めんどくさいのでそのままw

 

アルガンオイルのシュガースクラブ!使い方

bathtub-902361_640

必ずお風呂で使います。

洗い流さないといけないし、砂糖が溶けるくらいに温かい方が使いやすいから。

使うタイミングは洗顔後です。

 

・手に大さじ1くらい(だいたいでOKです)とります。

・ちょっとだけお湯を加えて、シュガースクラブを溶かします。

・スクラブがトロッとしたら顔に塗っていきます。

・洗い流します。

 

ポイント

こすらないように乗せてください。砂糖の粒子が角ばっているので、こすると痛いです。顔全体に優しくのせるように塗ってください。

 

他のサイトで、『肌をクルクルとマッサージして角質を落とす』という記載がありましたが、私は角質落としは考えない方がいいと思っています。

 

家庭でつくるシュガースクラブは、お料理用のお砂糖を使っているので、角があります。

砂糖を肌にこすり付けると、かなり痛くて、その後赤くなりヒリヒリします。

角質を落とすよりも先に、肌の角質層を乱れさせてしまう可能性があります。

 

なので、こすらないで、ただ肌に乗せるというイメージで使いましょう!

 

すぐに流してもいいですが、私は1分くらいそのままガマンします。

その方がプルプル感が違う。

オイルのヌルっと感もほんの少しだけ残りますが、そのアルガンオイルの被膜がめちゃくちゃいい役割をしているので、そのあと洗顔したりしないでね。

 

これだけで肌がふっくらしているのが分かります!!

洗い流した後すぐに肌の違いが分かるのが凄いんですよ。

 

アルガンオイルって何がいいの?シュガースクラブ以外にも万能!

argan-869756_640

アルガンオイルは人の肌にある皮脂とよく似た成分のオイルです。

 

よく、オリーブオイルが皮脂に似た成分だからなじみが良いって言われますが、アルガンオイルはもっと人の皮脂に近い。

なので、驚くほど肌にのせたときのなじみが良い。

 

ビタミンEの量もオリーブオイルの3倍近くも入っているんです。

 

リノール酸とオレイン酸が豊富で、水分の蒸発を防ぐだけでなく、水分を蓄える機能も持っています。

アルガンの木は数年間雨が降らなくても枯れることがないそうです!

 

あえて難点をいうなら、匂いです。

アルガンの実から採る精製していないオイルなので、木や実の香りがそのままです。

オーガニック好きなら「森の自然な香りだー」って感じますが、苦手な方にとってはちょっと臭いかも。

 

私は少し匂いは気になりますが、それよりも保湿力がハンパないのでアルガンオイルにしています!

 

今年の春からアルガンオイルを使ってるんですが、初めて使ったときにはなじみの良さにビックリしました。

しかもオイルなのにベタベタしないのが好き!!

で、使ったあとの肌が柔らかくなるのがすぐ分かります

 

アルガンオイルは保湿用のオイルとしてはもちろんですが、

マッサージオイルとして使ったり、ブースターオイルとして使ったり出来ます。

 

そもそもシュガースクラブってなんで保湿されるのか?

 

なぜ砂糖が肌の保湿にいいのか?と疑問に思いますよね。

で、顔に砂糖を塗っていいのか?!と最初は抵抗がありましたw

 

でも、砂糖は保湿にとっても役立つものなんです。

 

ちょっと高校の化学の授業のような話になるんですが…

砂糖の化学構造ってこうなってます。

sugar

ちんぷんかんぷんです。

私にもよく分かりませんww

 

注意して見て欲しいのは、OHがたくさんある!というところです。

 

OHは水と仲がめちゃくちゃいいです!

水はH₂Oです。

なんか似てますよねOHとH₂O

 

化学の詳しいことはアホなので説明できませんが、似ているってことは仲が非常にいいんです。

 

仲がいいので、一緒にするとくっつきます。

水はそのままでは必ず蒸発します。

でも、OHが近くにあると水を引き留めてくれるので、長い時間、水を保ったままでいられる!

 

砂糖が肌にあると、肌の上でも同じことが起こるので、肌の水分を逃がしにくくして、たくさん蓄えられる!ということなんです。

 

保湿成分で代表的なグリセリンもOHをたくさん持っている構造なので水を蓄えるのが得意なんですよ。

 

なんで砂糖が化粧品に入っていないのか?というと、砂糖がベタベタすることに理由があるみたいです。

虫も寄ってきそうだしw

ジャムになっちゃいますからね。

 

スポンサーリンク

 

砂糖の保湿力を実感してほしいのは乾燥の進んだ肌の方

 

水分の満ちた肌=潤った肌!!

 

砂糖は浸透率も高いので、角質層にしっかり浸透していきます。

角質層が潤えば、肌の見た目も変わるし、肌のバリア機能も回復します。

 

乾燥肌の方って敏感肌じゃありませんか?

 

乾燥した肌は、肌にスキマがたくさん空いている状態なので、外の刺激物がそのまま肌の中に侵入します。

 

そうするとヒリヒリしみて敏感肌の症状になるんです。

 

砂糖の保湿力を試してもらいたいのはそんな乾燥が進んだ肌です。

 

 

アルガンオイルと砂糖の組み合わせが神ってる!

 

という訳で、砂糖×アルガンオイルは、保湿と保水の最強コンビなのです!

砂糖とアルガンオイルが抱えた水分をアルガンオイルの油分の蓋でしっかりと封をすることができます。

 

シュガースクラブは簡単に作れて効果抜群です。

 

シワシワ感が一気にパーンってなるのが分かります。

 

乾燥肌のかたは一度どうぞ。

手持ちの美容オイルがあれば、ぜひ砂糖と混ぜてみて下さい!

 

p.s.

私が使っているコディナのアルガンオイルは、他のメーカーに比べてコスパがイイので選んでいます。

 

某有名ブランドアルガンオイル 50mlで3,500円(1mlあたり70円)

コディナのアルガンオイル 100mlで4,600円!(1mlあたり46円)

 

倍の量が入っているのに1,100円しか変わらないというコスパの良さ!!

安いだけではなく、オーガニックブランドとしての評価も高いのがいいです。

オーガニック大国のフランスで認められてて、「ナチュール・エ・プログレ」という認証ラベルを取得しています。

 

あと、フランスっぽいデザインが好きw

 

100%未精製アルガンオイル【CODINA】


 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です